原鶴温泉への交通アクセス

原鶴温泉への交通アクセス

原鶴温泉への交通アクセス 原鶴温泉は博多の奥座敷とも呼ばれる場所で、筑後川のほとりにある静かな温泉郷です。
良質な泉質を誇る原鶴温泉は、福岡県と大分県の県境にある朝倉市に位置し、交通のアクセスは非常に良いのが特徴です。
車で訪れる場合、博多からは1時間ほどで到着できます。
その場合、千代または半道橋出入り口から都市高速で20分ほどの太宰府ICを経由し、九州自動車道で約30分ほどの朝倉IC出口から国道386号線を通って10分ほどです。
また、大分県側からくる場合は、同じく九州自動車道の杷木IC出口から約5分ほどとなります。
公共交通機関を利用する場合ですが、バスで行く際は、博多駅から高速バスで杷木バス停で下車して、車で約5分ほどです。
電車で行く場合は、博多駅など主要な駅からJR久大本線にのり筑後吉井駅を下車して、車で約10分となります。
奥座敷というだけあって、公共の乗り物を使っての移動では最終的にタクシーなど車を使う必要があるため、宿泊を予定している人は、送迎サービスのあるホテルなどを利用するのも良いでしょう。

原鶴温泉は良質な単純温泉が混じっています

原鶴温泉は良質な単純温泉が混じっています 九州地方の中心地である福岡県と温泉地として全国的に有名な大分県の境にある、知る人ぞ知る人気のある温泉の一つが原鶴温泉と呼ばれる温泉地です。
ひとえに温泉と言っても場所によって含まれている成分が大きく異なりますし、含まれている成分が違えば期待できる効能も大きく変わってきます。
原鶴温泉には具体的にどのような効能や効果が期待できるのでしょうか。

原鶴温泉は弱アルカリ性単純温泉と単純硫黄泉の2種類のお湯が混じっている点に大きな特徴があります。
弱アルカリ性単純温泉は肌がスベスベになる効能が認められていますし、単純硫黄泉に含まれている硫黄成分にも肌の角質などを落としてくれる機能があります。
この2種類の温泉成分によって、お湯に浸かることで肌が綺麗になる効果が期待できますし、実際に原鶴温泉は美肌の湯として全国的に人気があるのです。
特に女性を中心に支持されているので、肌をよりきれいで美しくしたいと考える人におすすめです。

新着情報

◎2020/12/23

知りたい入浴マナー
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

原鶴温泉への交通アクセス
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「温泉 交通」
に関連するツイート
Twitter